趣味の音楽鑑賞とインターネット

体を痛めてしまったからには、その状態を受け入れていたわりつつ、それでも楽しめる趣味に変えていく必要があります。

趣味の音楽鑑賞とインターネット

体を痛めてしまってからの趣味は

長時間にわたるデスクワークがたたり、尾骨を痛めてしまった私にとって、これまで楽しんできた趣味を楽しむのが、少々難しくなってきました。たとえば、これだけは頑張ろうと自分に課してきた、毎日ピアノに向かうという目標も、尾骨の痛みからどうしても遠ざかってしまいます。また、DVD鑑賞や、テレビ番組を録画しておいて見るのを楽しみにしていたのですが、こちらも長時間座椅子に座る姿勢が尾骨に大きな負担をかけるため、早送りをしながら短時間で見ています。しかも、その見ている最中の姿勢が正座ですので、必然的に短時間でしか楽しめないようになってしまいました。

今の仕事を続ける限り、尾骨の痛みは鎮痛薬で紛らわせる対症療法しかできないでしょう。けれど、それもそうなってしまった以上、仕方ないと受け入れ、楽しめる趣味へと変えたいと思っています。そこで今、割合を増やそうと考えているのが、もともとの出発点だった本を読むことです。できれば椅子に座り、行儀よくページを繰っていくのがいいのでしょうが、ここはひとまず尾骨をいたわりながら、それでいて読書を楽しめるようにするため、横になって本を読むことにしています。体のためにも、横になるのはいいことだそうですので、また活字の世界という趣味に浸りたいと思っているのでした。

Copyright 2017 趣味の音楽鑑賞とインターネット All Rights Reserved.