趣味の音楽鑑賞とインターネット

趣味と呼ばれるものを持っている人は少なくありませんが、基本的には、自分だけにとって価値があるものと言えます。

趣味の音楽鑑賞とインターネット

趣味を持つことの楽しみとその価値

趣味と言っても、老若男女を問わず様々な物があることは周知の通りです。例えば切手収集や骨とう品の収集は有名ですが、こうしたコレクションの中では、他の人には、とても価値が分からないというものもあります。瓶の蓋を集めたり、子供だったらアニメのキャラクターのシールを集めたりなど色々です。こうした趣味は、その人個人では価値があっても、その他の人にとっては、何の意味もないと言っても過言ではありません。ただし、世間的には価値がないと思われても、少なくともその人には大切なものですから、他人がとやかく言う筋合いではないことは、注意すべきでしょう。

ですから子供が他愛のないものを収集していたとしても、明らかに害があるようなコレクション以外は、周囲の人は、むやみにその事についてからかったり、批判したりすべきではないでしょう。もしそんな事をすれば、その子供は自尊心を傷つけられ、以後に悪い影響があるかもしれないからです。どう考えても無意味な趣味は、成長すれば卒業するものです。それよりある一定の時期に、ある物に執着したという経験が、以後もっと有益な趣味に発展する可能性は十分あります。したがって特に子供の趣味に関しては、長い目で大らかに考えることが大切です。

Copyright 2017 趣味の音楽鑑賞とインターネット All Rights Reserved.